新型コロナウイルス感染症が拡大しています。最新の情報に基づいた冷静な対応を。→ 内閣官房対策サイト

【楽天証券】投信基準価額下落メールの設定を解除した

投資

こんにちは、まいたけです。

今日もこんなメールが届きました😇。投資を開始してから初めて本格的な含み損生活に突入です。

分かってます 😇 😇

不要なアラートは、ホールド前提の投資方針を揺るがしかねなので、事前に解除しておきます。

投資信託自動メール通知サービス

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/service/mailservice/fundmail/

投資信託自動メールサービスとは、基準価格を毎日メールで通知してくれたり、基準価額が大幅に下落した際にメールで通知してくれるサービスです。

下落する前に教えてくれるなら何も言うことはありませんが、下落してから通知していただいても打つ手はありません 😇 😇

ニュースなどで見る分にはある程度致し方無いと思いますが、メールで通知してくるのは個人的には不要です。証券口座にログインしてしまうと過去の購入価額というサンクコストが嫌が応にも思い出されて、ついつい売りたい気持ちになってしまうかもしれないので、そのような機会は減らしておくに限ります。

特に楽天証券口座ではインデックス長期積立投資を目指しているので、できるだけログイン機会を減らしておきます。

設定を変更する

ログイン直後の画面

先程のサービス紹介画面の指示に従って進めていきます。まずは、ログイン直後の画面から設定・変更>メールサービスと進みます。

投資信託の「投信お知らせメール」がありました!

すべて解除しても良いですし、個別に設定することもできます。今回は「すべてのメールを配信停止」を選びました。

投信基準価額下落メールが「配信しない」になっていれば設定完了です。

投信基準価額下落メールの設定を解除した

ということで、投信基準価額下落メールの設定を解除しました。このメールを見てから解約を申し込んだとしても、約定されるのは明朝の終値によって決定される基準価額です。

インデックス投信においては、たとえ早期償還が決まったとしても下落し続けることはないでしょうから、投信基準価額下落メールは個人的には要らないかな、と思います。

分散性の低い資産において不祥事や上場廃止などで一刻も早く売り抜けるべき状況が生じるケースでは即時の通知を設定しておいてもよいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました